さらさら書けて大人気のサラサ。

我々のようなサラサ好きには、当たり前と思っていたことが実は認知されていなかったり、あろうことか誤解までされているということを知りました。

サラサは水に強い?弱い?

筆記具にちょっと詳しい方はご存じかも知れませんが、サラサクリップは水性顔料のボールペンです。(※サラサドライは水性”染料”インクなので特性が違います)

「水性」という字面から、なんとなく「滲むんでしょ?」という認識が強いと思います。

しかし違います。

サラサクリップは耐水性も高いボールペンなのです。

サラサクリップと水性染料を用いた万年筆インクで書いた文字を、水で濡らしてみました。

サラサクリップ4

おそらく、多くの人が抱く水性インクのイメージは上記写真の下の段の文字のような滲み方だと思います。

しかしサラサクリップで書いた文字(上の段の文字)はクッキリ見えてます。

そう、サラサクリップは水に強いのです。

サラサクリップは水性だけど公式文書に使える?使えない?

公式文書に使うボールペンといえば、真っ先に思いつくのが「油性ボールペン」ですね。

サラサは水性ジェルボールペンだから公式文書に使用できないのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。

それでは、公式文書に使えるボールペンとはどのようなものでしょうか?

公式文書にご利用の際は、使うボールペンのインクが、耐水性や耐光性など、日本工業規格(JIS)における品質要求(公文書用)を満たしている必要があります。(ゼブラ公式サイトより)

サラサクリップは上記の要求を満たしています。

つまり、サラサクリップは公式文書に使用できます