名入れボールペンを作るにあたって、おそらく最大の関心事の一つである名入れ色について考えてみます。

名入れボールペンの素材(元となる商品、つまりボールペンやシャープペンですね)が、いわゆる「名入れ専用」の商品の場合は、軸の色が白ですので、お好きな色を印刷して頂いて問題ありません。

ここでいう、「問題」というのは、文字やロゴマークが沈んでしまって全く目立たないと困るという点です。

それでは、画像で検証していきましょう。

※合成イメージですので実際の印刷色とは異なる場合があります

白軸への名入れの場合

サラサクリップ ホワイト軸(名入れ専用)の例

色説明 サラサクリップ ホワイト軸

上記画像をご覧頂いても分かるとおり、白軸の場合、色が隠れてしまうことはありません。

もちろん、元々の色が薄い色だと見えにくいですが、それは名入れの問題では無く、そもそも色自体が目立たないということです。

透明軸への名入れの場合

次に、サラサクリップの通常商品の例を見てみましょう。

透明軸への名入れ例

上から5本目までは、白軸への名入れと同じ色ですが見やすさが全然違いますよね。

また、黄色などの派手な色でも必ずしも見やすいとは限らないこともお分かり頂けると思います。

上記のような透明軸のボールペンやシャープペンの場合で、お客様に特に色のこだわりが無い場合は、白色印刷をおすすめ致しております。やはり一番見やすいと思うからです。

名入れ色の選定で失敗しないために

当店では、名入れの色で失敗ししないために2つのサービスを無料にてご用意いたしております。

1 イメージ画像(カラー)作成サービス

上記のように、ボールペンに名入れを行った合成画像をご確認頂くことが出来ます。

PDF形式をメールにて添付送付させて頂いておりますので、手軽に確認出来ます。

また、プリントアウトをして社内でご検討頂くことも出来て、大変便利なサービスです。

2 試作(現物校正)サービス

ご注文後、ご指定の原稿にて実際に名入れを行った試作を行い宅配便でお送りし、実物でご確認を頂くことが出来ます。

色の選定に迷ってらっしゃる場合(例えば青と緑で、どちらの色で名入れしようか迷っている場合)には、青色で印刷したボールペンの現物、緑色で印刷したボールペンの現物、の2パターンをお送りすることも行っております。

これによって、発注前のイメージと完成後の印象に起きるズレは解消されます。

是非ご活用頂きたい便利なサービスです。