※ブログなので、公式見解とずれたり、ぶっちゃけすぎな表現がある点はご容赦ください。
でも、スタッフが筆記具の名入れLOVEなのは、間違いありません。

街を歩けば無数に広がる、居酒屋、寿司屋、ラーメン屋、蕎麦屋、焼肉屋、中華料理屋、クラブ、スナック、キャバクラ、ガールズバーなどなど・・・

こういった「飲食店向けに最適な名入れペンは何か」と表題には書きました。
これはある意味2面性を持っています。

1 飲食店がお客様・お得意様に、周年記念、販促の意味・感謝の意味を込めて配る。
この場合、お客様の志向は厳密に分析する必要はないと思います。というか、そんなの考えたってわかんないし。分析できたところで、細かなニーズに合致する商品を用意することも簡単ではありません。
一般的なお客様と同じ視点で「書きやすい」「携帯しやすい」「デザインがいい」という、基本を押さえていれば良いでしょう。
そして、予算としては100円と言うラインが一番需要があるでしょうね。
当店だとすれば
タプリクリップ
サラサクリップ
サラサクリップ ホワイト軸
が基本でしょう。

ここだけの秘密ですが、タプリクリップがゼブラの名入れ売り上げナンバーワンですよ。しかも飛び抜けてます。
迷ったらタプリクリップで間違い無いのではないですかね。
タプリクリップは「普通の書き味」(油性ボールペンですから)だけどー

1 バインダークリップ付き

2 たっぷり入った(4割増量!)インク(増量って牛丼かよ!って突っ込みたくなりますよね)

だからこそ、ゼブラナンバーワンなんですね。

しかも、気付かれないけど黒インクの軸カラーラインナップもきれいでおしゃれ。

サラサ推しの自分も、心揺れそうです。

この他に特別な書き味を求めたいという場合は
ジムノックUK(クリップはない)
スラリ(クリップはない)
と言うことになりましょうか。
ただ、「変わった書き味のペンを配る」という、こちらの意図がなかなか伝わらない可能性はあります。

何と言ってもクリップ付きは、便利さ、インパクトともに相当パワフルです。

私だったら、サラサクリップ ホワイトに、軸名入れ+クリップ名入れで勝負かけますね。
このクリップをムネポケに挿してるインパクトは絶大です。

続く